アメリカ留学 全米50州ガイド
コロラド州とその大学の魅力

コロラド州は、南北に有名なロッキー山脈が貫いている、全米で最も平均標高が高い山岳地帯の州です。

コロラド州
コロラド州の位置

山に囲まれたコロラドの風景はアメリカでも独特で、スキーやスノーボードができるスノーリゾートが多くあるため、アメリカ国内外からも観光客が多く訪れる人気の州となっています。州都であるデンバーは冬季オリンピック開催地に決まりかけたこともあります。

ロッキーマウンテンとウィンタースポーツのイメージが強い州ですが、コロラド州はほかにも魅力がたくさんあります。留学先としてもぜひ前向きに検討したいエリアです。



1. コロラド州の特徴

まずは、コロラド州の特徴と魅力を述べましょう。

1-1.自然を堪能できる

ロッキーマウンテンの雄大な自然

ロッキーマウンテンの雄大な自然

コロラド州にはロッキーマウンテン国立公園、北米で最も高い位置に砂丘があるグレートサンデューンズ国立公園を含む4つの国立公園、7つの国指定文化遺産、11の国指定の森林、8つの国立ワイルドライフ(野生動物の住む場所)など、自然を堪能できる観光名所がたくさんあります。
アメリカの雄大な自然を思いっきり味わいたい人には、コロラド州はとくにおすすめです。

1-2.環境保護に熱心

コロラド州は、その政策も独特で、全米の注目を集めています。

たとえば環境面では、環境破壊につながる可能性もある従来の石油などの化石燃料ではなく、再生可能エネルギーで、州のすべてのエネルギー供給をめざしている先駆的な州でもあります。

また、日本ではなじみがなく、マイナスな見かたをされている大麻も全米では医療目的で使われるなど効果が認知されています。それらを考慮したうえで、コロラド州は2014年に医療大麻や娯楽目的での利用を合法化し、医学面での治療の改善や経済の活性化に利用しています。

とはいえ、コロラド州の大学キャンパスではマリファナは基本的に使用禁止です。また州によっては違法ですので、興味本位に安易にマリファナに手を出すことは厳に慎んでください。

1-3.スポーツが盛ん

コロラドロッキーズの本拠地デンバースタジアム

コロラドロッキーズの本拠地
デンバースタジアム

コロラド州はスポーツも盛んです。

州都であり、州で最大の都市デンバーを拠点としたスポーツチームはたくさんあります。

・アメリカのプロ野球リーグであるメジャーリーグ(ナショナルリーグ)に所属するコロラドロッキーズ ・プロバスケットボールリーグのNBAに所属するデンバーナゲッツ ・プロサッカーチームのコロラドラピッズ ・プロアメリカンフットボールチームのデンバーブロンコス ・プロアイスホッケーチームのコロラドアバランチ
などです。後述しますが、州最大の州立大学、コロラド大学ボルダー校などをはじめ大学のスポーツチームもコロラド州のスポーツを盛り上げています。

2.魅力たっぷりのコロラド州

デンバーのダウンタウン

デンバーのダウンタウン

これらの理由からも、コロラド州はアメリカ人にとても人気の州になっています。

毎年数万人のアメリカ人が他の州からコロラド州へ移住しています。人気のため生活コストは上がっていますが、移住が増えるにつれて雇用機会も増えるなど経済が活発になり、さらに移住する人が増えています。

自然に囲まれ、普段の散歩やジョギングだけでなく、観光目的のハイキングなどもできますから、全米では「最も健康な州」(肥満の人が少ない州)としても上位にランクされています。

コロラド州にはデンバー国際空港という中規模の空港もあり、日本(成田空港)からデンバー空港まではロサンゼルス、シアトル、ダラス、ヒューストンなどの大規模な空港を経由して20時間以内でアクセスできます。

コロラド州はアメリカでは西部と認識されていますが、位置的には真ん中に近く、空または陸を通してカリフォルニア、ラスベガス、シカゴなど人気の観光地へのアクセスも悪くありません。

3.コロラド州の大学

コロラド州の魅力をさらに高めているのが、この州の大学です。コロラド州には知名度が高く、また教育レベルの高い大学がそろっています。

3-1.コロラド大学ボルダー校

コロラド大学ボルダー校

コロラド大学ボルダー校

コロラド州を代表する大学が、デンバーから車で1時間弱、州都の北西に位置するボルダーにあるコロラド大学ボルダー校(University of Colorado, Boulder)です。

ボルダー校(通称CU-Bolder)は、コロラド大学(University of Colorado)システムの本校であり、州で最大の州立大学です。とくに工学やビジネスの分野で高い評価を得ている研究型の大学で、コロラド州では全米で最も知名度が高い大学です。

ボルダー校は美しいロッキー山脈のふもとにあり、ボルダー市のダウンタウンに近く、勉強だけでなく、自然を満喫でき、また適度に娯楽にも接することができます。ボルダーは、全米有数の大学街として有名です。

またボルダー校は、カリフォルニア大学バークレー校、ロサンゼルス校(UCLA)といった、学術面でもスポーツ面でも有名な強豪校がそろっているPAC 12という大学スポーツリーグに所属しており、アメフトやバスケットボールの試合の様子は全米のテレビで放送されます。コロラド大学ボルダー校のスポーツチーム:黒と金がチームカラーのバッファローズは、コロラド州州民に愛されています。

3-2.コロラド大学デンバー校

同じくコロラド大学システムに所属する大規模州立大学が、コロラド大学デンバー校(University of Colorado, Denver)です。

デンバー市という立地条件が魅力の都市型大学です。ボルダー校よりも少し授業料が安く、州内のそれなりによくできる高校生がめざせる、ほどよいアカデミックレベルなどの理由から、近年はボルダー校よりも合格率が低くなることもめずらしくありません。やはりビジネスや工学系の分野で高い評価を得ています。

3-3.コロラド州立大学

コロラド州立大学(Colorado State University)も、州立の大規模大学です。メインキャンパスはボルダー市の北、フォートコリンズ市にあります。最近はオンライン教育にかなりの力を入れており、コロラド州外また海外からも多くの学生がコロラド州立大学のオンラインプログラムを履修することができます。

生活コストも比較的安く、コロラド大学ボルダー校やデンバー校よりも授業料が安いのが魅力です。アカデミックレベルも必ずしも低くありません。コロラド大学ボルダー校とデンバー校の真ん中といったところです。

3-4.コロラド鉱山大学

以上の3つの州立大学は規模が大きいということもあって、それなりに知名度がありますが、じつは最も学術面で高い評価を受けている州立大学は、コロラド鉱山大学(Colorado School of Mines)です。

規模は上述3大学に比べるとうんと小さく、少数精鋭の大学です。名前の通り、鉱山工学や石油工学など、地下資源や工学系の分野が充実しています。コロラド鉱山大学は、デンバーの西、ゴールデン市にあります。


3-5.デンバー大学

デンバー大学

デンバー大学

コロラド鉱山大学と同じく、全米的に高い評価を得ている大学は、私立のデンバー大学(University of Denver)です。都市型の大学でありながら、キャンパスは緑にあふれ、その美しさには定評があります。弁護士を輩出する法科大学院(ロースクール)が有名で、ブッシュ政権でアメリカの国務長官を務めたコンドリーザ・ライス女史はデンバー大学で政治学士と国際政治学博士を取得しており、政治や国際関係の分野でも注目を浴びています。


3-6.コロラド・カレッジ

2,000人ほどの学生が学ぶコロラド・カレッジ(The Colorado College)はリベラルアーツ・カレッジの名門です。少数精鋭の授業スタイルも独特で、学生は1クラスにつき3週間半の授業を受けます。授業時間に制限はなく、教授が独自に授業時間を決めています。集中授業のあと、次のクラスまで4日半ほどの休みがあります。コロラド・カレッジがあるのはデンバーの南にあるコロラド・スプリングス市というところで、観光地としても有名です。自然にあふれた街で、学生が勉強するのにとても適しています。

ほかにもコロラド州には、コロラド大学コロラド・スプリングス校(University of Colorado, Colorado Springs)ノーザンコロラド大学(University of Northern Colorado)など、自然と触れ合えるユニークなアメリカ大学生活を送れる大学があります。

コロラド大学コロラド・スプリングス校

コロラド大学コロラド・スプリングス校

コロラド州は、山、自然、そしてウィンタースポーツが好きな人には留学先としてとてもおすすめの州です。

「アメリカ大学ランキング」でコロラド州の大学をチェック!



アメリカの州と大学紹介一覧へもどる

資料請求

留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-147-6950
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求
留学のご相談は、こちらからお問い合わせください
電話 東京03-3224-0777 電話 大阪06-147-6950
月曜日~土曜日 10:00~18:00 ※木・日曜日及び祝日はお休みです。
留学相談 資料請求

6/29

しっかり分かる

留学講演会

>

まずは

資料請求

>

留学講演会

資料請求