アメリカ留学の流れ

コミュニティカレッジの場合

大学の例

Santa Monica Community College, DeAnza College, Green River Community College, Bellevue College, Mesa College, Coffeyville College, etc.

地域(コミュニティ)の住民のための教育に力を入れている州立・公立の2年制の大学です。地域の住民であれば誰でも入学させ、州民・住民に対しては学費を極めて安く設定し、低所得者層やマイノリティの人たちに対しても教育を提供しています。少数の人が4年制の大学に編入しますが、多くの人が仕事を得るために職業訓練として通ったり、カルチャースクールのように生涯教育のために通っています。基本的に寮はなく、学生の年齢層が比較的高いことも特徴のひとつです。州民・住民にとっては学費が安いと言えども、留学生はその何倍もの学費を支払い、寮がないためアパートを借りて生活をするとなると、留学生にとっては必ずしも費用が安いとは言えないでしょう。

入学基準

重視される項目: TOEFL®スコア
州民であれば誰でも入学できます。出願の際に学業成績証明書の提出は求められますが、成績の内容は問われません。いわゆるオープンアドミッションです。留学生に対しても学力を問いませんが、TOEFL®スコアに関しては61点以上を求めるところが多いようです。多くのコミュニティ・カレッジが英語学校を併設し、TOEFL®スコアが基準に満たない場合、まず英語学校への入学が課されます。

留学オープンセミナーin大阪

このページの先頭へ

おすすめの本

【新刊本】 留学で夢もお金も失う日本人 ~大金を投じて留学に失敗しないために~

アメリカ大学編入への道米国の大学の学費は年間約580万円!? 折角米国の一流大学に入れるようになったのにお金の問題であきらめる人が増えています。そんな罠にハマらない賢い対処法とは?

もっと見る


アメリカ名門大学への道

超有名校のハーバード、イェールから、日本人が知らない隠れた名門まで厳選50大学掲載。名門に入るための道筋がこれ一冊に。世界に通じるリーダーを目指すための必携の書!

もっと見る