アメリカ留学の大学選び:自分に合った大学を選ぶには

アメリカの大学留学するにあたって、志望校選びはとても大切なプロセスです。
「日本では選べない道のプロになる」「世界で活躍したい」「かっこいい人生を送りたい」「自分自身にチャレンジしたい」など、アメリカ留学に期待することは人によって違います。

自分がめざすべき大学を選ぶにあたって手がかりとなるのが、地域や専攻、費用などの項目です。これらの項目を自分の希望に照らし合わせつつ検討することで、出願候補となるアメリカの大学のイメージが明確になっていきます。

以下、自分の適性や希望に合った大学を探すためのアドバイスを参考にして、あなたにピッタリの大学を見つけてください。


検索機能を使って大学を探す

大学ランキングの検索機能を活用して、自分の希望する条件に合った大学を探してみましょう。

最初のうちは「いいかも」と思った大学を、あまり深く考え込まずにピックアップしていきましょう。

マップを使って州から大学を探す

アメリカのマップ、もしくは州名から大学を検索できます。

条件から大学を探す

私立/州立、入学難易度、留学生への大学おすすめ度、専攻など、希望する条件から大学を検索できます。

アメリカ大学のデータの見方

大学データの見方について。大学選びの参考になる、各項目の解説です。


アメリカの大学ランキングから大学を探す

大学選びに迷ったときは、特徴ごとのランキングから大学を見てみましょう。


出願校の絞り込み

3つに分けて出願校を絞る

候補としてピックアップした大学から、以下の3つのレベルに分けて、実際に出願するアメリカの大学を絞り込んでいきましょう。

  • チャレンジ校(Reaches)
  • 実力相応校(Target Schools/Good Matches)
  • すべり止め校(Safety Schools)

「実力相応校」に自分のレベルに一番合った大学を選び、少しむずかしそうだけど挑戦してみたい大学を「チャレンジ校」としてピックアップ。確実に入学できそうな「すべり止め校」も忘れないようにしましょう。

とはいえこのプロセスは、そんなに簡単なものではありません。アメリカの大学には偏差値がありませんから、それだけに「レベル」といっても、よくわからないと思います。わからなくて当たり前ですので、出願校の決定にあたっては、できるだけプロのアドバイスを得るなどしましょう。

適切な出願数は3~7校

3~7校に出願するのが一般的です。上の3つのタイプにそれぞれ1校以上、1~3校ほどを選びます。
レベルが高い大学を狙う人ほど、たくさんの大学に出願する傾向にあります。

各大学の最新の公式情報を確認しよう

大学を絞り込むためには、大学のウェブサイトなどで最新の情報を確認しましょう。


大学探しに迷ったら…

自分に合った留学先を探すためのヒント


現役/編入など状況別の探しかた




» 【次章】 大学出願に必要なものをそろえよう




留学相談してみる
資料請求

このページの先頭へ