アメリカ大学の検索結果
条件 【ノースカロライナ州(NC)】


  • 所在地
  • 区分
  • 大学名
  • 難易度
  • おすすめ度
  • 学費/年
  • 学生数
  • 合格率
  • ノースカロライナ州
  • 私立・総合大学
  • イーロン大学
    Elon University
  • 入学難易度難しい
  • おすすめ度★★★☆☆
  • 学費:$35,000
  • 学生数:6,300人
  • 合格率:72%

  • ノースカロライナ州
  • 私立・リベラルアーツ
  • カトーバカレッジ
    Catawba College
  • 入学難易度難しい
  • おすすめ度★★★☆☆
  • 学費:$31,000
  • 学生数:1,200人
  • 合格率:52%

  • ノースカロライナ州
  • 私立・リベラルアーツ
  • シャウ大学
    Shaw University
  • 入学難易度比較的やさしい
  • おすすめ度★★☆☆☆
  • 学費:$12,000
  • 学生数:1,200人
  • 合格率:71%

  • ノースカロライナ州
  • 私立・リベラルアーツ
  • セーラムカレッジ
    Salem College
  • 入学難易度難しい
  • おすすめ度★★★☆☆
  • 学費:$29,000
  • 学生数:500人
  • 合格率:85%

  • ノースカロライナ州
  • 私立・リベラルアーツ
  • チョーワン大学
    Chowan University
  • 入学難易度比較的やさしい
  • おすすめ度★★☆☆☆
  • 学費:$25,000
  • 学生数:1,500人
  • 合格率:60%

  • ノースカロライナ州
  • 私立・総合大学
  • デューク大学
    Duke University
  • 入学難易度最も難しい
  • おすすめ度★★★★★
  • 学費:$56,000
  • 学生数:6,700人
  • 合格率:8%

  • ノースカロライナ州
  • 私立・リベラルアーツ
  • バートンカレッジ
    Barton College
  • 入学難易度比較的やさしい
  • おすすめ度★★☆☆☆
  • 学費:$31,000
  • 学生数:1,100人
  • 合格率:42%

  • ノースカロライナ州
  • 私立・リベラルアーツ
  • ブレバード大学
    Brevard College
  • 入学難易度比較的やさしい
  • おすすめ度---
  • 学費:$29,000
  • 学生数:700人
  • 合格率:43%

  • ノースカロライナ州
  • 私立・リベラルアーツ
  • ベネットカレッジ
    Bennett College
  • 入学難易度比較的やさしい
  • おすすめ度★★☆☆☆
  • 学費:$16,000
  • 学生数:---
  • 合格率:---




検索のヒント

North Carolinaってどんなところ?

英語表記:North Carolina
略称:NC
州都:ローリー
愛称:タールの付いた踵の州(The Tar Heel State)
主要な都市:シャーロット、ローリー、グリーンズボロ、ダーラム

東は大西洋に面し、西はアパラチア山脈に接しています。そのため土地の高低差が大きいのが特徴の州です。一般的には、西のアパラチア山脈、中間のピードモント台地、東の低湿地という三つのエリアに区分されます。州西部のミッチェル山はアメリカ東部で最高峰を誇ります(標高2,037m)。海岸線は500kmに及び、その美しさに定評があります。

消えた植民地の謎

16世紀末からイギリス人の入植が始まり、1624年には英国王チャールズ1世から与えられた勅許によって開拓が進みます。この最初期にロアノーク島に築かれた植民地は忽然として姿を消し、いまでもその消息は謎とされています。

州名の「カロライナ」は国王「チャールズ」のラテン語読みである「カルロス」に由来します。その後、政争を経てカロライナは南北に分かれ、ノースカロライナとサウスカロライナの二つの州が誕生することになります。1789年、ノースカロライナは12番目の州として、建国13州に名を連ねました。

タバコとの深い関係

「タールの付いた踵の州」の愛称の由来はいくつかの説がありますが、だいたいタバコと関係があるようです。州の平野部はタバコの産地として発展してきましたし、全米2位のタバコ会社であるR.J.レイノルズ・タバコ・カンパニーの企業城下町として栄えてきたウィンストン・セーラム市はこの州にあります。

「働き者の州」という異名もあって、南部では最もリベラルな州ともいわれ、進歩的な気風で知られます。古くから芸術振興に力を注いできた州でもあります。

ライト兄弟が初飛行に成功したのがこの州で、車のナンバープレートには“First in Flight”と記されています。州南西にあるリード金山は、アメリカで最初に金が発見された場所として観光名所となっています。州都ローリーは、全米有数の金融街です。

ノースカロライナ州の大学について

ローリーとダーラム、チャペルヒルの3都市を結ぶ「リサーチ・トライアングル・パーク(Research Triangle Park(RTP))」は、アメリカ東部きっての学術・研究エリアです。1959年の設立以来、「東のシリコンバレー」の異名を担っています。パーク内には150の企業・団体があり、およそ5万人が働いているといわれます。日本企業も多く進出しています。ローリーは最も博士号保有者の多い都市といわれています。

このトライアングルの三つの拠点となっているのが、ローリーのノースカロライナ州立大学、ダーラムのデューク大学、そしてチャペルヒルのノースカロライナ大学です。これら3大学を中心とした産官学の連携がとても進んでいます。

中でもノースカロライナ大学チャペルヒル校は、「パブリックアイビー」として名が挙がる名門州立大学で、さらにアメリカで最初にできた公立大学としても特筆されます。ノースカロライナ州立大学の「日本センター」は、ノースカロライナ州と日本との間の学術・文化交流の拠点となっています。

中規模私立大学のウェイクフォレスト大学やリベラルアーツ・カレッジのデビッドソン大学も、この州の名門大学として名を馳せています。


North Carolinaの大学や留学についてのご相談は、40年の経験と実績を持つアメリカ留学の専門家、栄 陽子留学研究所にご相談ください。

資料請求はこちらから東京:03-3224-0777 大阪:06-6147-6950

このページの先頭へ