アメリカ大学のシステム

アメリカの大学の成り立ち

アメリカ留学の道筋をたてるためには、日本とは異なるアメリカの大学のあり方を理解することが大切です。ここではアメリカの大学教育のルーツともいえる「リベラルアーツ教育」、州立大学のあり方、そして現代のアメリカ教育について、その歴史的な成り立ちを解説します。

(1)アメリカの大学の原点:リベラルアーツ

アメリカの大学は1620年にイギリスから渡ってきたプロテスタントの人たちが1636年に創立した牧師養成のハーバード大学から始まります。

町や村が発展するにつれ、ハーバード大学は、将来、村長や町長になるようなリーダーを養成することに主たる目的を定めることになり、教養を幅広く身につけ、決断力を養い、リーダーシップをとれる人間になる教育をするようになりました。これをリベラルアーツ教育といい、ここにリベラルアーツ・カレッジが誕生します。その後、医学や法学などの新しい部門がどんどん作られ大きなUniversityになりました。アメリカが国家になったのは1776年ですから、ハーバード大学はもちろん私立であり、建国の140年前からリーダー養成の教育を行っていたことになります。

ハーバードはUniversityになりましたが、今でも全米に約600校のリベラルアーツ・カレッジがあります。リベラルアーツ・カレッジは小規模で、一人ひとりの学生に対するサポートもしっかりしているため、留学にも適しています。


(2)州立大学の成り立ち

アメリカに州立大学ができたのは1789年のことです。リーダー養成を目的として創立された私立大学と違い、新しくアメリカ国民になる移民も含めて、州民として一定の教育を行い、また州の発展に尽くせる人々を養成しようとしました。当時は農業・畜産など第一次産業の時代であったため、州立大学は農学・畜産、後に工学など実務的分野を発展させました。

州民に等しく大学教育を与えるということで州内に同じような名前の州立大学をいくつも創設し、日本の都立高校や県立高校と同じシステムができあがりました。すなわち、州内でトップクラスの学生を入学させる大学、普通レベルの学生のための大学、成績が低くても入学可能な大学などです。

したがって、アメリカの州立大学を、州の名前が付いているからといって、日本の国立大学と同じように考えることはできません。


(3)アメリカの大学のいま

現在のアメリカには、州立大学やリベラルアーツ・カレッジなどを含めて、4000以上の大学が門戸を開いています。リベラルアーツ・カレッジとして創設された大学の中には、ハーバード大学のように、新しい専門分野を加えていって、おもに大学院レベルの研究に力を入れている総合大学として発展してきた大学もあります。また、あえて大きな総合大学になる道を選ばず、小さなリベラルアーツ・カレッジとしてすぐれたリーダー養成を実践している大学もたくさんあります。ほかにも、アートや音楽の専門大学や、工科大学、軍の仕官養成大学などがあります。望めばだれでも最低限の教育・職業訓練を受けられるコミュニティ・カレッジも、全米の各州・各地域に存在しています。

「多様性」は、いまのアメリカの大学のありかたをよく表しているキーワードです。あらゆる目的、あらゆるレベルに応じ、あらゆる分野にわたって学べるのが、現在のアメリカの大学の姿といえるでしょう。留学生も多様性に貢献する存在としてアメリカの大学に歓迎されます。

留学オープンセミナーin大阪

このページの先頭へ

おすすめの本

【新刊本】 留学で夢もお金も失う日本人 ~大金を投じて留学に失敗しないために~

アメリカ大学編入への道米国の大学の学費は年間約580万円!? 折角米国の一流大学に入れるようになったのにお金の問題であきらめる人が増えています。そんな罠にハマらない賢い対処法とは?

もっと見る


アメリカ名門大学への道

超有名校のハーバード、イェールから、日本人が知らない隠れた名門まで厳選50大学掲載。名門に入るための道筋がこれ一冊に。世界に通じるリーダーを目指すための必携の書!

もっと見る