アメリカ留学の流れ

アメリカ留学の大学選び:アメリカ東部の大学の特徴

留学先のアメリカの大学を探すにあたって、とくに地域的な希望がないのであれば、まずは東部の大学から見ていくといいでしょう。アメリカの大学の歴史は、1636年にマサチューセッツ州で創立されたハーバード大学に始まります。長い期間にわたって質の高い教育を実践し続けている大学は、ハーバードをはじめ、その多くが東部にあります。歴史ある街並みと豊かな自然、そして四季の移り変わりもあって、日本人が過ごしやすいエリアでもあります。

アメリカの東部地域

全米で最も教育レベルが高い地域です

アメリカ東部は、アパラチア山脈より東の、9の州から成る地域です。

全米で最も教育レベルが高い地域で、とくにマサチューセッツ州のボストンは、アメリカの大学の発祥の地でもあり、教育のメッカといっていいでしょう。マサチューセッツ州を含むニューイングランド地方には伝統のある名門大学がたくさんあり、アメリカの教育史が東部から始まったことをよく物語っています。「アイビーリーグ」と呼ばれる一流大学8校もすべてこの地域にあります。


自由とインディペンデント精神

全体的な気風はリベラルで、自由と変化を好むことが、このエリアの大学の発展を促してきました。州立大学よりも私立大学のほうがすぐれている、というのがアメリカの一般的な考えかたですが、それは「自由」と「インディペンデント精神」という東部の気質のあらわれでもあります。


日本人留学生に親しみやすい気候と風土

四季の移り変わりが美しく、日本人にも親しみやすい気候です。とくにニューハンプシャー州やメイン州は牧歌的で静かな佇まいが感じられます。東は大西洋に面し、西は山と森が連なっていて、起伏に富んだ地形をしています。学園都市としてはボストンのほか、同じくマサチューセッツ州のアマースト、ニュージャージー州のプリンストン、ニューヨーク州のロチェスターとイサカ、コネチカット州のニューヘイブン、ロードアイランド州のプロビデンスなどがよく知られています。

東部の州一覧

留学オープンセミナーin大阪

このページの先頭へ

おすすめの本

【新刊本】 留学で夢もお金も失う日本人 ~大金を投じて留学に失敗しないために~

アメリカ大学編入への道米国の大学の学費は年間約580万円!? 折角米国の一流大学に入れるようになったのにお金の問題であきらめる人が増えています。そんな罠にハマらない賢い対処法とは?

もっと見る


アメリカ名門大学への道

超有名校のハーバード、イェールから、日本人が知らない隠れた名門まで厳選50大学掲載。名門に入るための道筋がこれ一冊に。世界に通じるリーダーを目指すための必携の書!

もっと見る