アメリカ留学の流れ

アメリカ留学の大学選び:個々の大学データの見方

冒頭部分

1.大学の種類

私立/州立、総合大学/リベラルアーツ/芸術大学、といった大学のおおまかな分類です。

» 参考:アメリカの大学の基礎知識 ポイント1:大学の種類

2.大学名

大学の名称です。検索ボックスを利用する場合は、英語またはカタカナで、大学名の一部を入力するだけでも検索できます。

3.住所

大学の所在地です。
※郵送先のポストボックスの住所になっている場合もあります。

4.Webサイト

大学のホームページURLです。大学についてより詳しく調べたい場合は、ここから個々の大学のWebサイトにアクセスしましょう。

» 参考:各大学の最新の公式情報を確認しよう

5.大学が所在する州の地図

大学が所在する州の位置を全米マップ上で示しています。より詳しいマップは「アクセス」の項目にあります。

6.お気に入りに追加

★印をクリックすると、「お気に入りリスト」に大学を登録できます。登録した大学は、「お気に入り」のページでいつでも確認できます。

7.共学・別学

共学/男子大/女子大の種別です。アメリカの男子大は士官学校など特殊なものが多いため、留学生にとっては共学か女子大が基本的な選択肢となります。

8.学生数

在学生数です(大学院生は除きます)。3,000人以下であれば小規模、3,000~10,000人であれば中規模、10,000~30,000人であれば大規模、30,000人以上であればマンモス大学と一般的に分類されます。

9.キャンパス面積

キャンパスの面積です。アメリカには、広大なキャンパスにバスが巡回するような大学がたくさんあります。

10.立地

キャンパスが位置する環境を、大都会/都会/郊外/小規模の町/田舎の別に示しています。

11.学期

セメスター制(2学期制)/トライメスター制(3学期制)/クォーター制(4学期制)の別に示しています。アメリカの大学の大半は、「9~12月の秋学期」と「1~5月の春学期」で1年度を二分するセメスター制をしいています。


基本情報

1.大学のプロフィール

大学の特徴を、栄 陽子留学研究所のカウンセラーが紹介したものです。データだけでは見えてこない、その大学ならではの特徴を、さまざまな視点から記しています。

2.大学の入学難易度

大学の入学難易度を5段階で示しています。基準は以下の通りです。

最も難しい:

クラスランク(学年順位)がトップ20%、GPAがB+以上、SAT®が1300点以上、ACT®が29点以上、合格率40%以下

非常に難しい:

クラスランクがトップ40%、GPAがB~B+、SAT®が1220~1299点、ACT®が27~28点、合格率40~60%

難しい:

クラスランクがトップ50%、GPAがB-~B、SAT®が1070~1219点、ACT®が23~26点、合格率65~75%

比較的やさしい:

クラスランクがトップ60%、GPAがC~B-、SAT®が910~1069点、ACT®が19~22点、合格率75~90%

やさしい:

クラスランクがトップ60%以下、GPAがC以下、SAT®が910点以下、ACT®が19点以下、合格率90%以上

» 参考:アメリカの大学の基礎知識 ポイント6:難易度

3.栄 陽子留学研究所の大学おすすめ度

大学そのもののレベルや、留学生に対する学習サポートなど、留学先としての大学のおすすめ度を、栄 陽子留学研究所が40年以上の実績と調査にもとづいて5段階で評価したものです。

4.入学生の高校のGPA(成績平均値)平均

大学に入学した学生の、高校のGPAの平均値です。GPAとはGrade Point Averageの略で、アメリカの高校は一般的に4.0が満点です。この数値が高いほど、優秀な学生が入学していることになります。

5.入学生のSAT®スコア分布

SAT®とは、アメリカの高校生を対象とした大学進学適性試験のことです。数学、クリティカルリーディング、ライティングの3つのセクションから成り、それぞれ200~800点の間でスコアが出されます。ここでは、入学生が提出したSAT®スコアの分布を、3つのセクションごとに表示しています。多くの大学が出願者にSAT®またはACT®のスコア提出を求めていますが、日本の入試と異なり、○点以上で合格、○点以下で不合格というものではありません。したがってスコアの分布に広がりが見られます。

» 参考:留学に必要なSAT®

6.入学生のACT®スコア分布

ACT®とはAmerican College Testの略で、アメリカの高校生を対象とした学習達成度を測定するテストのことです。英語、数学、リーディング、理科、ライティング(任意)から成り、各科目1~36点の間でスコアが出されます。“Composite”は各スコアの平均点。ここでは、入学生が提出したACT®スコアの分布を、英語、数学、Compositeの別に示しています。

7.2年生に進学した学生の割合

入学生のうち、1年後に大学に在学し続けている学生の割合です。英語でRetentionといいます。この数値が高いことは、新入生の大学に対する満足度が高く、大学のサポートが行き届いていることを示します。

8.卒業率

入学して6年以内に卒業した学生の割合です。卒業率が高いほど、学生の満足度が高く、大学のサポートが充実していることがうかがえます。アメリカの大学は取得単位数で卒業までにかかる期間が決まるため、3~3年半くらいで卒業する人もいれば、5~6年かけて卒業する人もいます。

9.大学院進学率

卒業して5年以内に大学院に進学した学生の割合です。この割合が高いことは、大学在学中に「もっと深く勉強したい」と思うに至った学生が多いことを示し、大学の教育の質がしっかりしていることがうかがえます。


学生構成

1.学生数

大学院生を除く在学生数です。3,000人以下であれば小規模、3,000~10,000人であれば中規模、10,000~30,000人であれば大規模、30,000人以上であればマンモス大学と一般的に分類されます。

2.学生/教員の数の比

学生と教員の数の比率、つまり教員一人に対する学生の人数です。基本的には、左の数字(学生数)が小さいほど学生一人ひとりに教員の目が行き届きやすく、きめ細かな学習指導がされることを示します。

3.男女比

在学生の男女別の割合です。

4.寮生/通学生の割合

在学生のうち、キャンパス内で寮生活を送っている学生と、自宅やアパートから通学している学生の割合です。寮生の割合が多いほど、学生同士で共に過ごす時間が増え、留学生にとっては親身な友達をつくりやすく、安心して留学生活を送れる環境であることを示します。

5.留学生の割合

在学生のうち、留学生の割合です。アメリカの多くの大学では、在学生の10~20%くらいを留学生が占めています。西海岸や東海岸の都心部の大学ほど、留学生の割合が大きくなる傾向にあります。

6.留学生の出身国ランキング

留学生の出身国の数と、国籍別のランキングです。

7.人種構成

在学生の人種別の割合です。留学生にはなじみの薄い項目ですが、アメリカでは、大学の「多様化」への取り組みを示すものとして、志望校選びにおいて必ず参照されます。


出願情報

1.大学の入学難易度

大学の入学難易度を5段階で示しています。基準は以下の通りです。

最も難しい:

クラスランク(学年順位)がトップ20%、GPAがB+以上、SAT®が1300点以上、ACT®が29点以上、合格率40%以下

非常に難しい

クラスランクがトップ40%、GPAがB~B+、SAT®が1220~1299点、ACT®が27~28点、合格率40~60%

やや難しい:

クラスランクがトップ50%、GPAがB-~B、SAT®が1070~1219点、ACT®が23~26点、合格率65~75%

やややさしい:

クラスランクがトップ60%、GPAがC~B-、SAT®が910~1069点、ACT®が19~22点、合格率75~90%

やさしい:

クラスランクがトップ60%以下、GPAがC以下、SAT®が910点以下、ACT®が19点以下、合格率90%以上

» 参考:アメリカの大学の基礎知識 ポイント6:難易度

2.合格率

総出願者のうち、合格した出願者の割合です。全米トップレベルの大学の合格率は、おおむね10%未満です。

3.大学に入学した学生の高校の成績平均値(GPA)の平均

大学に入学した学生の、高校のGPAの平均値です。GPAとはGrade Point Averageの略で、アメリカの高校は一般的に4.0が満点です。この数値が高いほど、優秀な学生が入学していることになります。

4.留学生に求められるTOEFL®スコア

留学生が合格するために必要とされるTOEFL®テストのスコアです。現在、日本で受験可能なTOEFL®テストはiBT(インターネットで受けるTOEFL®テスト)ですが、大学によってはPBT(用紙ベースのTOEFL®テスト)のスコアのみの情報を提供していますので、その場合は換算表をもとにiBTスコアに変換したものを併記しています。

5.出願期限

出願期限です。大学によっては秋学期のほか、冬・春・夏の学期に入学することもできます。Rollingとは、とくに期限を設けずに、定員がいっぱいになるまで出願を受け付けることをいいます。

6.編入生の受け入れ

編入生としての出願(Transfer Admission)の可否です。アメリカの大学は、日本の大学の単位も編入単位として認めます。留学期間と費用の節約のため、日本の大学からアメリカの大学へ編入する人も増えています。

7.入学審査において重視される項目

入学審査において、特に重視される項目と、その次に重視される項目です。アメリカの大学が合否を決める際には、高校の成績、エッセイ、推薦状、課外活動、テストスコア、面接などさまざまな角度から総合的に出願者を評価します。とりわけ重要なのが高校の成績で、これはすべての大学に共通します。

8.大学の出願ページ

大学の出願ページへのリンクです。多くの大学でオンライン出願を受け付けていますので、積極的に利用しましょう。複数の大学の共通願書であるCommon Applicationを採用している大学については、Common Applicationのトップページにリンクしている場合もあります。


費用&奨学金

1.学費

1年度の学費の概算です。州立大学の場合は、留学生を含む州外出身者の学費を記載しています。これに寮費・食費、教材費、渡航費、保険、おこづかいなどを足し合わせたものが、1年度に必要な留学費用となります。

» 参考:アメリカ留学の大学選び 留学費用から大学を探す

2.寮・食費

1年度の寮・食費の概算です。アメリカでは、「学費+寮・食費」(Tuition, Room and Board)をセットにして大学の費用を考えます。

3.返済不要の奨学金獲得率

栄 陽子留学研究所のこれまでの実績と、留学生に対する奨学金支給の可能性などから3段階で評価したものです。奨学金の申請プロセスは複雑なものですが、留学生に対して返済不要の奨学金を支給する大学も増えていますので、積極的に奨学金のチャンスを狙っていきましょう。

» 参考:奨学金について


専攻

1.人気の専攻ベスト3

大学で人気のある専攻分野のベスト3です。

2.専攻リスト

大学で専攻できる分野のリストです。

» 参考:アメリカ留学の大学選び 専攻から大学を探す


スポーツ

1.男子スポーツリスト

大学が提供している男子スポーツ種目のリストです。NCAAとはNational Collegiate Athletic Associationの略で、「全米大学体育協会」のこと。I・II・IIIの数字が小さいほど、そのスポーツが規模・レベルともに充実していることを示します。

2.女子スポーツリスト

大学が提供している女子スポーツ種目のリストです。NCAAとはNational Collegiate Athletic Associationの略で、「全米大学体育協会」のこと。I・II・IIIの数字が小さいほど、そのスポーツが規模・レベルともに充実していることを示します。


アクセス

1.大学のある町

大学が所在する町とその人口です。

2.近くの大きな都市

大学から近い都市とその人口、大学からの距離です。

3.大学内リンク

オンラインキャンパスツアーと大学キャンパス写真へのリンクがある場合に掲載しています。

4.大学マップ

大学所在地の詳細なマップです。上下左右への移動や拡大縮小などもできます。

5.Facebook

大学の公式Facebookのページがある場合に掲載しています。


留学オープンセミナーin大阪

このページの先頭へ

おすすめの本

【新刊本】 留学で夢もお金も失う日本人 ~大金を投じて留学に失敗しないために~

アメリカ大学編入への道米国の大学の学費は年間約580万円!? 折角米国の一流大学に入れるようになったのにお金の問題であきらめる人が増えています。そんな罠にハマらない賢い対処法とは?

もっと見る


アメリカ名門大学への道

超有名校のハーバード、イェールから、日本人が知らない隠れた名門まで厳選50大学掲載。名門に入るための道筋がこれ一冊に。世界に通じるリーダーを目指すための必携の書!

もっと見る