アメリカ留学のための大学情報サイト


  • 私立・総合大学

デイトン大学
University of Dayton

住所:300 College Park, Dayton, OH, 45469 U.S.A.

WEBサイト:http://www.udayton.edu 

お気に入りに追加

基本情報

  • 学生数:約8,500人
  • キャンパス面積:約1.57㎢
  • 学費:約 41,000 ドル/年
  • 寮・食費:約 13,000 ドル/年

オハイオ州

基本情報

  • 学生数:約8,500人
  • キャンパス面積:約1.57㎢
  • 学期:セメスター制
  •   

  • 学費:約 41,000 ドル/年
  • 寮・食費:約 13,000 ドル/年
  • 大学のある町:郊外

この大学に入る難しさを5段階で表示 成績とテストから見た入学難易度 MOD
留学生にとっての学びやすさも評価 栄陽子の大学おすすめ度 ややおすすめ(★★★)

留学生にとっての学びやすさも評価 栄陽子の大学おすすめ度 ややおすすめ(★★★)
3.7

GPA(ジーピーエー)とはGrade Point Average の略で、<成績平均値>のこと。アメリカの大学が合否を決める最に最も重視するのがこのGPAです。 日本の学校でよい成績を修めておくことが、アメリカ留学を成功に導くキーポイントです。

入学した人が取ったテストの点数の分布図 入学生のテストスコア分布

アメリカには全国の高校生が受けるテストが2種類あります。1つがSAT®でもう1つがACT®と呼ばれるものです。 どちらかのテストスコアを出願大学に提出します。グラフは合格した人のスコア分布です。

入学した人が取ったテストの点数の分布図 入学生のテストスコア分布

アメリカには全国の高校生が受けるテストが2種類あり ます。1つがSAT®でもう1つがACT®と呼ばれるもの です。どちらかのテストスコアを出願大学に提出します。 グラフは合格した人のスコア分布です。

入学者のSAT®スコア分布
700-800点:
12
600-699点:
40
500-599点:
42
400-499点:
6
700-800点:
9
600-699点:
44
500-599点:
41
400-499点:
6
[SAT®Math] [SAT®Reading]
700-799点の割合 12 9
600-699点の割合 40 44
500-599点の割合 42 41
400-499点の割合 6 6
300-399点の割合
200-299点の割合

単位は%表記

SAT®

アメリカの高校生を対象とした大学進学適性テスト。英語(Evidence-Based Reading and Writing)と数学(Math)の二つのセクションから成り、作文(Essay)をオプションで受けられる。英語と数学はそれぞれ200〜800点の間で、作文は2〜8点の間でスコアが出る。 SAT®について詳しくはこちら



入学者のACT®スコア分布
30-36点:
25
24-29点:
54
18-23点:
21
ACT®[]
30-36点の割合 25
24-29点の割合 54
18-23点の割合 21
12-17点の割合
6-11点の割合
6点未満の割合

単位は%表記

ACT®

アメリカの高校生を対象とした学習達成度を測定するテスト。英語、数学、リーディング、理科、ライティング(任意)から成り、各科目1~36点の間でスコアが出され、”Composite”は各スコアの平均点。出願にあたっては、SAT®またはACT®のどちらかのテスト結果を提出すればよい。 英語を母語としないアメリカ留学生については、英語力はTOEFL®テストやIELTS™で評価されることもある。

3.7

GPA(ジーピーエー)とはGrade Point Average の略で、 <成績平均値>のこと。アメリカの大学が合否を決める最 に最も重視するのがこのGPAです。 日本の学校でよい成績を修めておくことが、アメリカ留学 を成功に導くキーポイントです。


デイトン大学の大学情報HELP

1850年創立。オハイオ州デイトンに立地するカトリック系私立総合大学。当初はSaint Mary School for Boysという全寮制男子校だったが、その後、大学に昇格し、1935年から共学。現在はカトリック系では全米10指に入る規模の総合大学となっている。デイトンはシンシナティから約80キロで、電車でアクセスできる。シカゴから約480キロ離れている。キャンパスは建物が整然と並び、整備されている。

1850年創立。オハイオ州デイトンに立地するカトリック系私立総合大学。当初はSaint Mary School for Boysという全寮制男子校だったが、その後、大学に昇格し、1935年から共学。現在はカトリック系では全米10指に入る規模の総合大学となっている。デイトンはシンシナティから約80キロで、電車でアクセスできる。シカゴから約480キロ離れている。キャンパスは建物が整然と並び、整備されている。


人種構成

  • 白人系:79%
  • 北米先住民族系:0%
  • ハワイ・太平洋諸島系:0%
  • アジア系:1%
  • 黒人系:3%

  • ヒスパニック系:5%
  • 混合系(ヒスパニック以外):3%
  • 留学生:7%
  • その他:1%


学生データから見る大学の質

2年生に進学した学生の割合

90%
入学して1年経って在学を続けている学生の割合(Retention)。この数値が高いほど、学生の満足度が高いことが伺えます。
入学して1年経って在学を続けている学生の割合(Retention)。この数値が高いほど、学生の満足度が高いことが伺えます。

卒業率

79%
卒業率が高いほど、学生のモティベーションが高く、大学のサービスが行き届いていることが伺えます。
卒業率が高いほど、学生のモティベーションが高く、大学のサポートが行き届いていることが伺えます。

大学院進学率

N / A
大学院進学率が高いことは、大学で向学心が刺激された学生が多いことを示し、教育基礎が充実していることがうかがえます。
大学院進学率が高いことは、大学で向学心が刺激された学生が多いことを示し、教育基礎が充実していることが伺えます。
留学ワンポイント
アメリカ大学留学を成功させるヒント

入学難易度やおすすめ度を参考に、自分に適した大学を選びましょう!
栄 陽子留学研究所では、一人ひとりのレベルや要望に応じた、きめ細かな留学相談を行っています。

デイトン大学をめざすなら、まずは資料請求を。


デイトン大学の学生構成HELP

学生数:約8,500人

学生 / 教員の数の比: 15/1

男女比

男子約 52%
女子約 48%

寮生 / 通学生の割合

寮生 約75%
通学生 約25%

留学生の割合:約7%


  • アメリカの大学における「学生数」は、大学の規模を示します。一般的に、3,000人以下であれば小規模大学、1万人以上であれば大規模大学、その中間であれば中規模大学と分類されます。
  • 一人の教員に対する学生の数が少ないほど、個人ベースの親身な指導を期待できます。
  • アメリカの大学は寮生活が基本です。寮生の割合が多いほうがキャンパスがアットホームで、留学生には溶け込みやすいでしょう。

デイトン大学の出願情報HELP

  • この大学の難易度:難しい
  • 合格率:約72%
  • この大学に入学した学生の
    高校の成績(GPA)平均:3.7
  • 出願期限:N/A
  • 編入生の受け入れ:あり

入学審査において重視される項目

特に重視される項目

  • エッセー
  • GPA
  • 学年順位
  • 成績
  • テストスコア

重視される項目

  • 課外活動
  • 卒業生との関係
  • 知的関心度
  • 性格・人格
  • 推薦状

出願(大学の出願ページ)



  • アメリカの大学は、高校の成績をはじめ、エッセー(作文)や推薦状、課外活動やテストスコアなど、さまざまな項目を総合的に評価して合否を決めます。時間をかけて書類審査を行うのがアメリカの大学。 詳しくはアメリカの大学の入学基準をご覧下さい。
留学ワンポイント
アメリカ大学留学を成功させるヒント

アメリカの大学に出願するには願書、エッセー、高校・大学の成績証明書、推薦状などの書類(英文)が必要です。また大学によっては面接が課されたり、出願後に大学とのこまめなコンタクトが必要になる場合もあります。

栄 陽子留学研究所では、大学選びから書類作成、出願手続き、大学とのやりとりなど、個人別に指導・サポートしています。

デイトン大学をめざすなら、まずは資料請求を。

デイトン大学の専攻HELP

デイトン大学のスポーツHELP

デイトン大学へのアクセスHELP


  • ・近隣の大きな都市:Cincinnati
大きな地図で見る

※大学の情報は変動する可能性があります。最新のデータについては大学のサイトなどをご確認ください。



栄 陽子留学研究所(外部リンク)はアメリカの大学に関する最新の情報を無料でご提供しております。
アメリカの大学を留学先として選ぶにあたっては、本ページ記載のさまざまな情報と共に、「アメリカ留学」についての基礎知識を得ることが大切です。 栄 陽子留学研究所では、アメリカ留学をめざすかたのために、知っておきたいノウハウや最新の情報を提供しています。また、大好評の留学講演会(参加無料)も毎月実施しています。
資料請求アメリカ留学講演会(外部リンク)


このページの先頭へ