アメリカ大学の検索結果
条件【州:メリーランド州(MD)】

メリーランド州は、アメリカの首都ワシントンDCに隣接する州です。政治家や官僚、連邦政府職員のベッドタウンでもあります。名門ジョンズホプキンス大学では官学連携による最先端のリサーチが行われています。ワシントンDCでのインターンシップの機会が豊富であることは、この州の大学に留学する大きなメリットです。

 24校中、1~24校を表示しています。

お気に入り ▲ ▼並び順を変更


大学名 区分 所在地 入学難易度 おすすめ度 学費 学生数
1 1Bowie State University 区分 : 州立・総合大学 所在地 : メリーランド州(MD) 入学難易度 : 比較的やさしい おすすめ度 : 少しおすすめ(★★) 学費 : 約$16,000 学生数 : 約4,300人
2 2Capitol College 区分 : 私立・総合大学 所在地 : メリーランド州(MD) 入学難易度 : 比較的やさしい おすすめ度 : 少しおすすめ(★★) 学費 : 約$24,000 学生数 : 約400人
3 3Coppin State University 区分 : 州立・総合大学 所在地 : メリーランド州(MD) 入学難易度 : 比較的やさしい おすすめ度 : ふつう(★) 学費 : 約$13,000 学生数 : ---
4 4Frostburg State University 区分 : 州立・総合大学 所在地 : メリーランド州(MD) 入学難易度 : 難しい おすすめ度 : ややおすすめ(★★★) 学費 : 約$19,000 学生数 : 約5,000人
5 5Goucher College 区分 : 私立・リベラルアーツ大学 所在地 : メリーランド州(MD) 入学難易度 : 難しい おすすめ度 : 非常におすすめ(★★★★) 学費 : 約$43,000 学生数 : 約1,500人
6 6Hood College 区分 : 私立・総合大学 所在地 : メリーランド州(MD) 入学難易度 : 比較的やさしい おすすめ度 : 非常におすすめ(★★★★) 学費 : 約$36,000 学生数 : 約1,300人
7 7Johns Hopkins University 区分 : 私立・総合大学 所在地 : メリーランド州(MD) 入学難易度 : 最も難しい おすすめ度 : 最もおすすめ(★★★★★) 学費 : 約$51,000 学生数 : 約5,400人
8 8Loyola University Maryland 区分 : 私立・総合大学 所在地 : メリーランド州(MD) 入学難易度 : 非常に難しい おすすめ度 : ややおすすめ(★★★) 学費 : 約$46,000 学生数 : 約4,100人
9 9Maryland Institute College of Art 区分 : 私立・芸術大学 所在地 : メリーランド州(MD) 入学難易度 : 非常に難しい おすすめ度 : --- 学費 : 約$44,000 学生数 : 約1,800人
10 10McDaniel College 区分 : 私立・リベラルアーツ大学 所在地 : メリーランド州(MD) 入学難易度 : 難しい おすすめ度 : ややおすすめ(★★★) 学費 : 約$41,000 学生数 : 約1,700人
11 11Morgan State University 区分 : 州立・総合大学 所在地 : メリーランド州(MD) 入学難易度 : 難しい おすすめ度 : ふつう(★) 学費 : 約$18,000 学生数 : 約6,300人
12 12Mount St. Mary's University 区分 : 私立・総合大学 所在地 : メリーランド州(MD) 入学難易度 : 難しい おすすめ度 : ややおすすめ(★★★) 学費 : 約$38,000 学生数 : 約1,800人
13 13Notre Dame of Maryland University 区分 : 私立・総合大学 所在地 : メリーランド州(MD) 入学難易度 : 難しい おすすめ度 : ややおすすめ(★★★) 学費 : 約$34,000 学生数 : ---
14 14Salisbury University 区分 : 州立・総合大学 所在地 : メリーランド州(MD) 入学難易度 : 非常に難しい おすすめ度 : ややおすすめ(★★★) 学費 : 約$16,000 学生数 : 約7,800人
15 15St. John's College 区分 : 私立・リベラルアーツ大学 所在地 : メリーランド州(MD) 入学難易度 : 非常に難しい おすすめ度 : ややおすすめ(★★★) 学費 : 約$50,000 学生数 : 約400人
16 16St. Mary's College of Maryland 区分 : 州立・リベラルアーツ大学 所在地 : メリーランド州(MD) 入学難易度 : 非常に難しい おすすめ度 : ややおすすめ(★★★) 学費 : 約$27,000 学生数 : 約1,700人
17 17Stevenson University 区分 : 私立・リベラルアーツ大学 所在地 : メリーランド州(MD) 入学難易度 : 難しい おすすめ度 : 少しおすすめ(★★) 学費 : 約$31,000 学生数 : 約3,700人
18 18Towson University 区分 : 州立・総合大学 所在地 : メリーランド州(MD) 入学難易度 : 非常に難しい おすすめ度 : 少しおすすめ(★★) 学費 : 約$19,000 学生数 : 約19,000人
19 19University of Maryland -- Baltimore County 区分 : 州立・総合大学 所在地 : メリーランド州(MD) 入学難易度 : 非常に難しい おすすめ度 : 少しおすすめ(★★) 学費 : 約$22,000 学生数 : 約11,200人
20 20University of Maryland, College Park 区分 : 州立・総合大学 所在地 : メリーランド州(MD) 入学難易度 : 最も難しい おすすめ度 : ややおすすめ(★★★) 学費 : 約$33,000 学生数 : 約27,400人
21 21University of Maryland, Eastern Shore 区分 : 州立・総合大学 所在地 : メリーランド州(MD) 入学難易度 : 比較的やさしい おすすめ度 : ふつう(★) 学費 : 約$15,000 学生数 : 約3,700人
22 22University of Maryland, University College 区分 : 州立・総合大学 所在地 : メリーランド州(MD) 入学難易度 : --- おすすめ度 : ややおすすめ(★★★) 学費 : 約$12,000 学生数 : 約37,400人
23 23Washington Adventist University 区分 : 私立・リベラルアーツ大学 所在地 : メリーランド州(MD) 入学難易度 : 比較的やさしい おすすめ度 : ふつう(★) 学費 : 約$22,000 学生数 : ---
24 24Washington College 区分 : 私立・リベラルアーツ大学 所在地 : メリーランド州(MD) 入学難易度 : 非常に難しい おすすめ度 : 非常におすすめ(★★★★) 学費 : 約$43,000 学生数 : 約1,400人

更に高度な検索をすることが出来ます。




ワンポイント

メリーランド州ってどんなところ?

英語表記:Maryland
略称:MD
州都:アナポリス
愛称:伝統ある州(The Old Line State)、自由の州(The Free State)
主要な都市:ボルティモア、フレデリック、ロックビル、ゲイザースバーグ

アメリカ東部にあり、首都ワシントンDCを抱き込むようにして接する州です。東は大西洋に面し、ソフトシェルクラブの産地として有名なチェサピーク湾が南北に深く入り込んでいます。

アメリカの縮図

都市があり、山があり、田園が広がり、海に接し、砂丘地帯もあるということで、「アメリカの縮図」とも称されます。海からの距離や標高によって気候は異なりますが、おおむね四季がはっきりしています。

文化的には、アメリカ北部と南部の両方の要素をあわせもつと言われています。それゆえ、なかなか一くくりにまとめるのがむずかしい州でもあります。

カトリック教徒たちの避難地として

イギリス人のボルティモア卿がこの地に入植したのが16世紀前半のことです。彼はカトリック信者であったため、イギリスでの宗教対立から逃れて来るカトリック教徒たちの植民地として、メリーランドを築こうとしました。

州名のメリーランドは、カトリック信者であったヘンリエッタ・マリア英国妃に由来します。やがてメリーランドはイギリスで迫害を受けたカトリックたちの逃げ場となり、カトリックが支配的になります。ニューイングランド地方の各州を開いたのがプロテスタントだったことと比べると、ちょっとユニークな展開をたどったわけです。

メリーランドは宗教的寛容を法として初めて定めた州ですが、それもボルティモア卿の考えが反映したものです。メリーランド州にはボルティモア卿に由来する地名があちこちにあります。

アメリカ政治史に果たした役割

アメリカで最初に独立した13州のうちの一つがメリーランド州です。州のニックネーム“The Old Line State”は、独立戦争時の「戦列」を指しているといわれています。南北戦争においては、州としては北軍に属したものの、奴隷州であったため、出征兵士のうち2割以上が南軍に加わりました。

このように歴史的・政治的に重要な役割を果たしてきたのがメリーランド州です。いまでもアメリカの首都であるワシントンDCに接することで、国会議員、官僚、外交官などが住み、「アメリカの首都圏」の州としての存在感を示しています。ベセスダはいかにも高級官僚のベッドタウンの趣をたたえています。大統領の別荘として有名なキャンプ・デービッドはこの州にあります。

メリーランド州の大学について

メリーランド州は、首都ワシントンDCに接する土地柄、教育レベルは全体的にとても高い州です。

とくにジョンズホプキンス大学は博士課程を世界で初めて授与した大学で、「大学院研究型」の大学モデルとなりました。同大学は公衆衛生の分野で世界的に有名で、官学連携による研究も進んでいます。

メリーランド大学カレッジパーク校は、メリーランド州ではトップの州立大学で、やはり首都のお膝元にある大学らしく、公文書の研究が有名です。カレッジパークは全米有数の学園都市で、そのリベラルな気風で知られます。


メリーランド州の大学や留学についてのご相談は、40年の経験と実績を持つアメリカ留学の専門家、栄 陽子留学研究所にご相談ください。

資料請求はこちらから東京:03-3224-0777 大阪:06-6367-0205

このページの先頭へ