アメリカ留学の流れ

アメリカ留学の情報収集 アメリカの大学の基礎知識

アメリカの大学への留学をめざす人が思い悩むのが「志望校選び」です。たしかに4000以上もある大学の中から自分にとってふさわしい大学を見つけ出すのは、なかなかたいへんな作業ですし、何をもって一つひとつの大学を比較してよいのかわからない人もたくさんいるでしょう。ここでは、アメリカ留学の最大のハードルともいうべき志望校選びのために、まずは「アメリカの大学を知る」にあたっての注目すべきポイントを解説します。

アメリカの大学の種類や違いを知っておこう

アメリカの大学の種類や特徴を見比べる際のポイントとして、以下の8項目が挙げられます。
志望校選びの際にも比較すべきポイントになりますので、一通り知っておきましょう。

ポイント1:大学の種類

総合大学かリベラルアーツ・カレッジか、または芸術大学か

総合大学とは、複数の学部が集まって成り立っている大きな大学のことです。リベラルアーツ・カレッジは、バランスのとれた教養を身につけさせることを重視している小規模の大学です。芸術大学とは、アートや音楽などを専門的に学ぶ大学です。
 高校を卒業したばかりの日本人留学生に適しているのは、小さなリベラルアーツ・カレッジです。英語が得意で、しっかり自分を律することができるのであれば総合大学をめざしてもいいでしょう。小さい頃からアートや音楽にくびったけという人は芸術大学を視野に入れてもいいでしょう。

共学か別学か

アメリカには約50の女子大があり、アイビーリーグ校に対して、かつて「セブンシスターズ」と呼ばれたWellesley College, Smith College, Bryn Mawr College, Mount Holyoke College, Barnard Collegeなどの名門女子大をはじめ、そのすべてがリベラルアーツ・カレッジです。女子大では学生のきずなが強く、お互いを助け合い、刺激し合う環境がつくられています。特にリーダーシップを育むことに力を入れているのが女子大の特徴です。男子だけの大学は士官学校など特殊な大学が多いので、あえて志望校の選択として考えなくてもよいでしょう。

私立か州立か

「良質の大学は私立に多い」というのがアメリカでは常識です。国家よりも先に私立大学ができたほどで、それぞれの私立大学が独自の方針を掲げて質の高い教育に力を注いでいます。
州立大学は基本的に州の税金で運営されていますから「州民を優先的に入学させなければならない」「学生の○%を州民が占めなければならない」と法律で決められています。また、州立大学のほうが概して規模が大きく、「数の原理」に従う、つまり学生を「十把ひとからげ」に扱うので、私立大学に比べると、一人ひとりの学生に対するサポートや融通性に欠けます。
私立のほうが、よりケースバイケースの対応をしますし、教授も個々の学生のパーソナリティ、弱み・強みを把握しようと努めます。州立大学のメリットは学費が安いことです。アメリカの高校生が州立大学を選ぶ最大の理由もこの点にほかなりません。しかし、州民と州外出身者とでは学費が大きく異なります。州外出身者は州民の何倍もの学費を支払わなければなりません。それでも私立大学に比べるといくらか安価です。ただ留学生に対する奨学金についていえば、私立大学のほうがより獲得できるチャンスが高まります。
なおリベラルアーツ・カレッジのほとんどが私立大学です。

ポイント2:大学の規模

大学の「規模」とは通常、在学生数のことをいいます。アメリカには在学生が1,000人に満たない大学から3万人超の学生をかかえるマンモス大学まであります。学生数が1万人を超えれば大規模大学、反対に3,000人に満たなければ小規模大学、その中間は中規模大学、と区別できます。

以下に大規模大学と小規模大学それぞれの、主な特徴を挙げます。

大規模大学の特徴
  • 専攻学科や科目の種類と数が多い
  • 図書館やスポーツ施設などの設備が充実している
  • 学生の社会的、文化的バックグラウンドが多様である(特に私立の場合)
  • 参加できる社会活動や課外活動が豊富
  • スポーツに力を入れていて、全米レベルの大会も開催する
  • 1クラスの学生数が多い
  • 一般教養科目は教授ではなくTA(大学院生の助手)が教えることがある
  • 教授と接する機会が少ない/個人指導が期待できない
  • 大学院生の教育に重点を置いている
  • 課外活動でリーダーシップをとれる機会が少ない
  • 親しい友達ができにくい
小規模大学の特徴
  • 1クラスの学生数が少ない(50人以上のクラスはめったにない)
  • 一般教養科目でもTAではなく教授が熱心に教える
  • 教授やアドバイザーと親しくなれる
  • 個々の学生が自分の能力やペースにあわせて学習できる
  • お仕着せの課題ではなく、独自なリサーチや論文作りに取り組める
  • 討論する力、書く力、理論的なものの考え方が身につく
  • 課外活動で活躍できる機会が多く、スポーツチームでもレギュラーになりやすい
  • キャンパスの雰囲気がフレンドリーで友達もつくりやすい
  • 管理体制や学生サービスに柔軟性がある
  • 専攻学科・科目の数や種類、教授の数が少ない
  • 設備が大規模大に比べて劣る
  • スポーツにあまり力を入れていない

ポイント3:地域

参加された方々のご感想

アメリカは国土が日本の25倍もあり、東部と西部、北部と南部では気候はもちろんのこと、歴史的成り立ちも違えば、そこに住む人の気質にも差異があります。
一般的に東部から北東部にかけては教育レベルが高く、とくにニューイングランド地方(メイン州、ニューハンプシャー州、バーモント州、マサチューセッツ州、ロードアイランド州、コネチカット州)には伝統ある名門大学が集まっています。この地方には日本のように四季の移り変わりがあって、冬は雪に閉ざされますが、かえって勉学に専念できます。地域的な希望が特になければ、まずはニューイングランド地方とその周辺の州にある大学を見ていくといいでしょう。
南部や西部では州立大学とコミュニティ・カレッジが発達しています。これらの地域にはマイノリティ(白人以外)が多く住み、ヒスパニック系やアジア系の移民などが多く暮らしています。地区によっては英語よりもスペイン語のほうが使われることもあるので注意が必要です。
また、スポーツをする人は、ウインタースポーツをしたければ山間部の大学、マリンスポーツに打ち込みたければ西海岸やフロリダ州など、目当ての種目によって地域を選択するのもいいでしょう。

ポイント4:立地

「立地」とは、キャンパスが位置する環境が、都会/郊外/田舎のいずれか、ということをいいます。都会か田舎か、という点では一概にどちらがいいとは言えませんが、留学生には田舎のほうが向いています。アメリカの国土のほとんどは田舎ですし、都会の喧騒から離れ、落ち着いて勉強に専心するには田舎はもってこいです。また、大自然に囲まれたキャンパスではアウトドア・アクティビティに事欠かず、澄んだ空気と青々とした緑は、勉強のストレスを和らげてくれます。アメリカの大学生活を満喫できるのは、都会より田舎の大学のほうです。

美術や音楽を専攻する人にとっては、大都会の美術館やシアター、コンサートホールは大きな魅力です。都会で遊びにふけってしまう心配もありますが、都心へのアクセスに便利な郊外に大学を探してもいいでしょう。また、入学して最初の1、2年を田舎の大学で過ごし、学生生活に慣れたうえで3年目から都会の大学に編入する、というのも田舎と都会の両方を経験できて有意義かもしれません。

ポイント5:カリキュラム

志望校選びにあたって十分に考慮しなければならないのが、大学のカリキュラムです。具体的には、

  • 卒業までに取得しなければならない単位数
  • 一般教養課程の必須科目
  • 学期制(セメスター/トライメスター/クォーター)

を調べます。また、すでに専攻を決めている場合は、

  • その専攻学科があるかどうか
  • 専攻学科の必須科目と選択科目
  • 専攻学科の教授の数とプロフィール

にも目を配ります。

ポイント6:難易度

アメリカの大学の入学難易度というのは、日本のように偏差値がないだけに、なかなか測りづらいものですが、以下の要素を参考にすることができます。

  • 入学生のSAT®(ACT®)スコア平均
  • Peterson'sなどの入学難易度評価
  • 入学生の高校成績平均値(GPA)
  • TOEFL®テスト要求点数
  • 合格率

アメリカの大学はある1つの要素だけで合否を決めません。難易度については、実際に出願するまではそれほど気にせず、あなたの「行きたい!」という気持ちを優先させて大学を選びましょう。

ポイント7:費用

アメリカの大学の1年度の学費+寮・食費は私立大学で約25,000ドルから60,000ドル、州立大学で20,000ドルから35,000ドルくらいです。この額は、年々上昇しています。学費の上限を決めてそれを上回る学費の大学は対象からはずすという考え方もありますが、どうしても行きたい大学には学費にかかわらず出願したほうがいいでしょう。合格校がそろった時点で、行くか行かないかを決めても遅くはありません。
また留学生であっても、高校で優秀な成績を修めていたり、課外活動で活躍していたり、人物的に魅力があったりする場合には、奨学金を授与する大学も増えてきました。この「アメリカ大学ランキング」で表示している学費が高くても、奨学金を得られるチャンスがありますから、ただ費用の一点のみで志望校を選別しなくてもいいでしょう。

ポイント8:在学生のプロフィール

在学生のプロフィールとは、

  • 男女比
  • 人種構成
  • 留学生の割合
  • 州外からの学生の割合
  • フルタイム学生の割合

などです。

2+2アメリカ留学プログラム

このページの先頭へ

おすすめの本

【新刊本】 留学で夢もお金も失う日本人 ~大金を投じて留学に失敗しないために~

アメリカ大学編入への道米国の大学の学費は年間約580万円!? 折角米国の一流大学に入れるようになったのにお金の問題であきらめる人が増えています。そんな罠にハマらない賢い対処法とは?

もっと見る


アメリカ名門大学への道

超有名校のハーバード、イェールから、日本人が知らない隠れた名門まで厳選50大学掲載。名門に入るための道筋がこれ一冊に。世界に通じるリーダーを目指すための必携の書!

もっと見る