アメリカ留学の流れ

アメリカ留学の出願プロセス:出願に必要なものとは?

アメリカ留学における出願プロセスは、日本の大学への受験と大きく異なります。まず一斉の入試がありません。アメリカの大学への出願者は、それぞれの大学が定める出願期限までに願書とさまざまな書類を提出して、個々の大学のAdmissions Office(入学審査を行う部署)の審査を仰ぎます。つまり書類審査になるのです。この書類の準備・作成にかかるプロセスが、アメリカ留学の出願プロセスです。いかにアメリカの大学にアピールできる書類をつくるかどうかが、合否の大きなカギを握ることになります。

アメリカ留学の出願に必要なものとは?

大学が審査にあたって提出を求める主な書類

アメリカの大学への出願の際に、願書(Application Form)のほかに提出する主な書類を挙げましょう。

高校の成績

高校の成績表です。3年間に学んだすべての科目の成績が記されたものを提出します(英文のもの)。アメリカの大学の入学審査において、最も重視されるのがこの成績です。日本の大学からアメリカの大学への編入をめざす場合は、高校の成績表に加えて大学の成績証明書も提出します。

推薦状

高校でお世話になった先生などに書いていただく推薦文です。だいたいどこの大学でも2通の推薦状の提出を求めています。学力だけでは甲乙つけがたい複数の志願者を比較する材料として使われます。日本の高校を卒業してアメリカの大学に進学する場合には、1通は高3の担任の先生に書いていただくといいでしょう。日本の大学から編入留学をめざす際には、大学の先生に書いていただくのがいいでしょう。日ごろから先生がたと信頼関係を築いておく努力が大切です。

SAT®、ACT®、TOEFL®テストなどのスコア

SAT®とACT®は、アメリカの高校生が、大学での学業にどれだけついていけるか、どれだけ学力的にその準備ができているか、を測るテストです。全米的なスタンダードに基づいているので、これらのテストをStandardized Testsといいます。アメリカの高校生は、SAT®もしくはACT®を1、2回受けます(3回以上受けてもスコアの大きな上昇は望めないというのが一般的な理解です)。アメリカの大学は出願要件としてSAT®あるいはACT®のスコアの提出を求めていますが、これだけで合否を決めることはしません。日本の入試とは異なるものです。英語を母語としない留学生の場合は、英語力テストであるTOEFL®テスト(もしくはIELTS(TM))のスコアの提出が求められます。

エッセイ

大学にあなたのことを知ってもらうための、またその大学に入学したい熱意を伝えるための自己紹介文です。エッセイは合否を左右するとても重要な書類です。とりわけ私立大学はエッセイを重視します。

ポートフォリオ/オーディション

芸術/音楽系の専門大学に出願する際に必要になる追加提出物です。絵画・彫刻などの芸術系をめざす場合はポートフォリオと呼ばれる作品集を、音楽系・パフォーミングアート系をめざす場合はオーディションを受けるか留学生の場合はCD・DVDなどに録音・録画して送るか、指定されたURLにファイルをアップロードすることが求められます。

大学ごとに必要な書類をきちんとそろえよう

出願に必要な書類は大学ごとに異なることがあります。大学ごとにしっかり確認して、出願期限までに届くように念入りに準備しましょう。また、できればその時にチェックリストを作って、漏れがないようにすることをおすすめします。

提出書類に不備がある場合には、大学から連絡が来ることもあります。その際にはすぐに用意して送りましょう。

2+2アメリカ留学プログラム

このページの先頭へ

おすすめの本

【新刊本】 留学で夢もお金も失う日本人 ~大金を投じて留学に失敗しないために~

アメリカ大学編入への道米国の大学の学費は年間約580万円!? 折角米国の一流大学に入れるようになったのにお金の問題であきらめる人が増えています。そんな罠にハマらない賢い対処法とは?

もっと見る


アメリカ名門大学への道

超有名校のハーバード、イェールから、日本人が知らない隠れた名門まで厳選50大学掲載。名門に入るための道筋がこれ一冊に。世界に通じるリーダーを目指すための必携の書!

もっと見る