アメリカ大学のシステム

College Board International Student Financial Aid Application(ISFAA)作成の流れ

College Boardによる、International Student Financial Aid Application(以下、ISFAA)作成の流れは以下の様になります。

  • 留学予算として、(両)親が出費する金額を決定する。
  • 年収証明書によって父親、母親それぞれの年収の正確な金額を把握する。
  • 家計における支出の明細(家賃・住宅ローン、光熱費、食費、被服費、日用品費、医療費、教育費、ローン、所得税・住民税、貯蓄および個人年金プランの掛け金、車の維持費、保険料、娯楽費、休暇費用、使用人、その他:社会保障費など)を算出する。
  • 金額を示す項目に記す金額を全て米ドルに換算する。
  • 住居が持家の場合、購入価格と購入した年、現在の市場価値、住宅ローンの残高を示す項目がISFAAにあり、特に住宅ローンの残高と住宅ローンの年間支払い金額は、年間の留学予算金額に影響するため重要。
  • 兄弟・姉妹の年間の教育費がどのくらいかかっているかを示す項目もISFAAにあり、その家族の教育費に対する考え方を表わすため重要。
  • 赤字の場合を除き、(両)親の年収と支出金額(税金、社会保障費、貯蓄を含め)が一致していることが重要。
  • 前年まで教育費として出費していた金額に、貯蓄からある程度の金額を補うと、留学予算として適切な金額となることが重要。
  • 留学予算は、所得から出費する金額と、貯蓄から出費する金額を分けてISFAA に記入する。
  • ISFAA の他の全ての項目を記入する
  • 作成したISFAA の最後のページに、両親のサインと出願者のサイン、および日付を記入する。
ワンポイント
奨学金のご相談は

奨学金の獲得を目指したい。だけど、どうすれば良いか分からない、自分の行きたい大学でもらえるか分からないなど、お悩みの方へ。栄 陽子留学研究所の留学相談では、一人ひとりのレベルや要望に応じた、奨学金の情報や指導を行っております。

資料請求はこちらから 東京:03-3224-0777 大阪:06-6367-0205

留学オープンセミナーin大阪

このページの先頭へ

おすすめの本

【新刊本】 留学で夢もお金も失う日本人 ~大金を投じて留学に失敗しないために~

アメリカ大学編入への道米国の大学の学費は年間約580万円!? 折角米国の一流大学に入れるようになったのにお金の問題であきらめる人が増えています。そんな罠にハマらない賢い対処法とは?

もっと見る


アメリカ名門大学への道

超有名校のハーバード、イェールから、日本人が知らない隠れた名門まで厳選50大学掲載。名門に入るための道筋がこれ一冊に。世界に通じるリーダーを目指すための必携の書!

もっと見る