アメリカ留学の流れ

アメリカ留学の情報収集:自分の希望を把握しよう

アメリカ留学における志望校選びの最初の1歩は、出願者である自分自身の希望を把握することです。個々の大学について調べることはもちろん大切ですが、それに先立って、留学する本人がアメリカの大学に何を求め、何を期待するのか、そのことを明確にすることも、志望校選びに欠かせないプロセスといえます。

自分なりに理想とするアメリカ留学をイメージしてみよう

アメリカ留学の「あるべき姿」は人によってさまざまです。自分にとってふさわしい留学のありかたを考えることが、より適切な志望校選びに結びつきます。
「あなたらしさ」が最も発揮される留学の環境をイメージしてみましょう。

  • 大きな大学がいい? 
  • 小さな大学のほうがいい?
  • フレンドリーな雰囲気がいい?
  • 厳しい環境に飛び込んだほうがいい?
  • 都会と田舎ではどちらを望む?
  • 共学がいい?
  • それとも別学?
  • 寒いところがいい?
  • 暖かいところがいい?
  • やりたいスポーツは?

などなど……。

大学名だけでなく、その大学であなたが何をできるのか、どんなことにチャレンジできるのか、を考慮に入れること。大学卒業後、社会に出て問われるのは、大学の名前よりも、あなたがどんな大学生活を送ったか、どんな科目をとりどれだけの成績を修めたか、ということのほうです。つまりあなたらしく、充実した大学生活を送ることが、とても大切になるのです。

自分自身にとってどんな環境が望ましいのか、よく考えてみましょう。

大学選びのキーワードはComfortable & Challenging

アメリカの大学を選ぶときの大きなポイントは、その大学が自分にとって“Comfortable & Challenging”であるか、ということです。

Comfortableな大学

Comfortableとは、「居心地がいい」ということです。あなたにとって落ち着いて勉強しやすい環境であるかどうか、リラックスできる、あなたがあなた自身でいられる大学であるかどうか、という基準です。

Challengingな大学

Challengingとは「やる気を起こさせる」「挑戦のしがいがある」ということ。勉強に、課外活動に、精一杯打ち込みたくなるような環境であるかどうか、ということです。教授やクラスメイトから常に刺激を受け、あなたの可能性が引き出されるような大学を目指しましょう。

ComfortableとChallenging、一見、矛盾するようですが、これらのバランスがうまくとれた大学、それがあなたのめざす大学です。

これらを元に、「希望に合った大学選び」なども参考に、大学を見ていくといいでしょう。

留学オープンセミナーin大阪

このページの先頭へ

おすすめの本

【新刊本】 留学で夢もお金も失う日本人 ~大金を投じて留学に失敗しないために~

アメリカ大学編入への道米国の大学の学費は年間約580万円!? 折角米国の一流大学に入れるようになったのにお金の問題であきらめる人が増えています。そんな罠にハマらない賢い対処法とは?

もっと見る


アメリカ名門大学への道

超有名校のハーバード、イェールから、日本人が知らない隠れた名門まで厳選50大学掲載。名門に入るための道筋がこれ一冊に。世界に通じるリーダーを目指すための必携の書!

もっと見る