アメリカ留学の流れ

アメリカ留学の大学選び:高校生の進学に適した大学を探す

日本の高校生がアメリカ留学を考える際に、進学先としてアメリカの大学をめざす場合と、語学留学を志す場合とがあります。英語が苦手という人は、まずは英語学校に行ってからアメリカの大学への留学を考えがちですが、日本の高校を卒業していれば、アメリカの大学の1年生として留学し、アメリカ人学生と一緒に授業を受けるほうが、真の英語力もつきますし、卒業までの早道でもあります。ここでは、日本の高校生が考える留学についてお話ししましょう

語学留学と「卒業をめざす留学」とは異なります

アメリカ留学といっても、外国人向けの英語学校に行くのと、卒業をめざして大学に進学するのとではまったく内容が異なります。これを混同してはいけません。

多くの人は高校を卒業したばかりですと、英語力に自信がないのでまずはアメリカの英語学校に行かなければと思いがちです。

しかし、アメリカの英語学校は、基本的には日本のどこにでもある英語学校がアメリカに場所を変えているだけのものです。そこに入る人は、だいたい日本人か韓国人です。もちろんアメリカ人はいません。そもそも日本の中学や高校で英語を勉強したのにものにならず、日本の英語学校にちょっと通っても、やはりものにならなかった人が場所をアメリカの英語学校に変えても、やはりものにならないのです。

語学留学における滞在先

アメリカでの滞在先も考えなければなりません。

日本人はどうしても留学とホームステイを一緒に考えがちです。しかし、アメリカの大学生活は原則として寮生活です。アメリカでは寮生活を通して人間関係の複雑さを知り、コミュニケーション能力をみがくことが若い人にとって大変重要だと考えられているからです。

ホームステイはアメリカ人の家庭に入り、言葉と文化に親しもうというものです。ただ、現在ではアメリカの多くの家庭はお母さんが先生だとか弁護士だとかで、仕事を持っていて忙しく、自分の子供でも大変なのに人の子供など預かれないのです。しかも今のホームステイは各家庭にいくらか費用が支払われます。従って老夫婦のみの家とか、母子家庭のような家とかで、部屋が空いているので、誰かに入ってもらおうという感覚です。ホームステイを理想化すると、ほったらかされるような状況に戸惑い、幻滅してしまいかねません。

語学留学では日本にいるのと何も変わりません

これを読んでいる高校生のみなさんは、きっと日本の家でそれなりに個室を与えられ、ご両親に面倒を見てもらいつつ、少しウルサイと思いながらも自由に暮らしているはずです。ところがアメリカのホームステイとなると、さびしい、不自由、気を使う、食事がまずい、などといろいろな問題が起こってきます。英語も「食べる」「いらない」程度のやりとりです。もっとましな英会話を学びたいと思っても、それほど相手になってくれません。もちろん朝からアメリカの経済について英語で議論などすることもありません。そして、学校に行くと日本人が大勢いて、みんな楽しくアパート暮らしをしています。たずねて行くとなつかしいカレーやすきやきなどを食べさせてくれます。「こっちに越してこいよ」と誘われ、かくしてアパート一棟をぜんぶ日本人と韓国人が占領し、車を買って、日本人ばかりで焼肉屋や寿司屋に行くのです。日本にいるのと何ら変わらず、英語力など伸びるわけがないのです。

アメリカの大学の寮生活でこそ、本当の英語が身につくのです

アメリカの大学は寮生活が基本です。どの大学でも留学生は数%~十数%くらいです。ルームメイトはアメリカ人です。一人部屋はめったにありません。大きな大学では高層ビルの寮もあって、同じ建物に男女一緒に住んでいることも少なくありません。ただし、ルームメイトは同性になります。

キャンパスは広大で端から端まで歩くと30分から1時間くらいかかります。ゴルフ場を持っている大学もありますし、もちろんテニスコートもたくさんあって、順番待ちなどありません。図書館は夜中の12時まで開いていて、ちょっとした喫茶店、大学の教科書やグッズを売っているショップもあり、キャンパスはほとんど小さな村か町のようです。食事は3食を学食で食べます。味はたいしたことはないのですが、量は半端ではありません。コーラやアイスクリーム、ケーキなども食べ放題のため、キャンパス中では「I'm on a diet.(ダイエット中)」という言葉をよく耳にします。一番初めにこの言葉が身に沁みます。英語はそうやって身体に入っていくのです。
もし、英語に自信なく、アメリカの大学での勉学の仕方もよくわからないという人には、とにかくアメリカの大学に入り、その寮生活に飛び込むことをすすめます。その際は小さな大学がいいでしょう。私立のリベラルアーツ・カレッジであれば、先生も、周りのアメリカ人も、留学生に対して親身になってくれます。

留学生というだけで、あなたはアメリカでは貴重な存在

私立大学は基本的に多様性に富んだ学生構成を好みます。勉強の内容も、たとえば「リンカーンが奴隷解放をしたのはいつか」という暗記式の勉強より、「あなたがリンカーンだったら奴隷解放をしたか」という分析力、判断力、決断力を養成する勉強が中心です。そして、こうしたテーマのもとに意見を交わすという教育です。ですからいろいろと変わった学生が入ってきて、多様な意見が交わされるほうが、クラスが活性化すると考えているのです。したがってあなたは「日本人」というだけで、毛色が変わっているということで、貴重な存在になるのです。また、学長や入学の審査をする Admissions Officeのトップの人に外国好きな人がいたりしたら、それこそ、そういう人たちが「留学生をとれ!!」の号令をかけてくれて、留学生に奨学金まで用意してくれたりするのです。

そういうチャンスをくれる大学を探して入学し、アメリカの生活や大学についていく方法や英語力を身につけたら、アメリカの大学でトップクラスの成績をとり、一流大学院に進学することも可能です。途中で大規模大学に編入することもできます。アメリカは選択肢が広いのです。

留学して、まず普通のアメリカを体験することが大切です

若いみなさんはまだ社会をあまりよく知りません。あたり前です。日本以外の国は日本よりもっともっと格差があり、アメリカでも上はメイドさんがいる家から、下は年収が家族で10,000ドル以下などという家庭もあるのです。

やはりその国を支えているのは英語で Upper Middle と言われる中流階級の人たちです。一生懸命働いて家庭を持ち、子供たちを大学を出るまでは何とかヘルプして一人前にしたいと考えている人です。

あなたにとってアメリカでの初めての環境がアメリカという国を見る価値基準になることは当然のことです。鉄砲でバンバン人を撃つアメリカでもなく、スリや強盗の多いアメリカでもなく、何億円の給料を手にする人の集まるアメリカでもなく、人に親切で、まじめで、国を思い、家族を思い、平和を望んでいるごく普通の人の子弟が集まる大学で、まず留学の1歩を始めるのが望ましいのです。それが本当のアメリカです。アメリカの小さな私立大学にはそういう人があふれています。

2+2アメリカ留学プログラム

このページの先頭へ

おすすめの本

【新刊本】 留学で夢もお金も失う日本人 ~大金を投じて留学に失敗しないために~

アメリカ大学編入への道米国の大学の学費は年間約580万円!? 折角米国の一流大学に入れるようになったのにお金の問題であきらめる人が増えています。そんな罠にハマらない賢い対処法とは?

もっと見る


アメリカ名門大学への道

超有名校のハーバード、イェールから、日本人が知らない隠れた名門まで厳選50大学掲載。名門に入るための道筋がこれ一冊に。世界に通じるリーダーを目指すための必携の書!

もっと見る