アメリカ留学の流れ

リベラルアーツ・カレッジ(全600校)の場合

エリートリベラルアーツ・カレッジ

高校を卒業したら育った家を出て、寮生活をしながら親離れをし、分析力・判断力・決断力を養うことが、リベラルアーツ・カレッジで教育を受ける根本の目的です。リベラルアーツ・カレッジにおいては、幅広くさまざまな分野の勉強をする過程で自分の将来について考えることができます。18歳まで何の不自由もなく過ごしてきた高校生が大学で2年間一般教養を学び、2 年間専門分野を学んだからと言って専門家になれるほどアメリカ社会は甘くありません。社会のニーズが驚くほどの早さで変わる現代では、それに対応できる幅広い知識、本質を見極めるものの見方や判断力が必要になります。リベラルアーツ・カレッジにおける全人教育は、まさにそのような力をつけるために最適です。リベラルアーツ・カレッジでは理系・文系・芸術系・体育系と分けることなく、例えば物理と音楽と2つの分野を専攻することも可能です。少人数ということもリベラルアーツ・カレッジの特徴で、きめ細かい指導を受けることができ、学生はアッパーミドル以上の家庭からの子弟が多く、留学生にとっても勉強しやすい環境です。

大学の例

Amherst College, Williams College, Swarthmore College, Wellesley College, Smith College, Pomona College, Bowdoin College, Wesleyan University, Carleton College, Bryn Mawr College, Davidson College, etc.

入学基準

重視される項目: 学業成績、SAT®スコア、SAT® Subject Testsスコア、TOEFL®スコア、エッセイ、推薦状、課外活動
私立トップ名門総合大学とほぼ同じような入学基準です。異なる点は、各大学の教育理念に特徴があり、大学が学生に要求するものが比較的はっきりしていることです。例えば、親がその大学の卒業生という場合、教育理念がすでに子どもに伝えられていることとみなされ、それが有利なコネクションとなり、合格の可能性が高まることもあり得ます。したがって、出願校を決定する際は、自分が求めるものと大学の教育理念がマッチしていることをしっかり確認することが必要です。もちろん高いSAT®・TOEFL®スコアを要求されますが、それでも際立つような才能がある場合は、スコアについては柔軟な対応をしてくれることもあります。

名門リベラルアーツ・カレッジ

大学の例

Oberlin College, Colorado College, Macalester College, Scripps College, Bucknell University, Lafayette College, Trinity College, Connecticut College, Occidental College, University of the South, Whitman College, etc.

入学基準

重視される項目: 学業成績、SAT®スコア(またはSAT®・SAT® Subject Testsスコアの両方)、TOEFL®スコア、エッセイ、推薦状、課外活動
エリートリベラルアーツ・カレッジとほぼ同じですが、若干SAT®・TOEFL®スコアの見方が寛容です。

オーソドックスなリベラルアーツ・カレッジ

大学の例

Juniata College, Knox College, Washington College, Hiram College, Mary Baldwin College, Hollins University, West Virginia Wesleyan College, Wartburg College, Linfield College, University of Mount Union, Thiel College, etc.

入学基準

重視される項目:学業成績、TOEFL®スコア、エッセイ、推薦状
学業成績、TOEFL®スコア、エッセイ、コネクションなどから総合判断します。学校によっては、エッセイや推薦状の内容が良ければ、学業成績が平均的であったり、TOEFL®スコアがそれほど高くなくても、入学を考慮しくれることもあります。英語力に関しても、留学生のための英語の補助講座を授業の一環として提供したり、チューター(家庭教師)制度などで英語の個人指導をしてくれるなど、留学生に対して手厚いサポートをしてくれる大学は、TOEFL®スコアがそれほど高くになくても入学を許可してくれることもあります。

2+2アメリカ留学プログラム

このページの先頭へ

おすすめの本

【新刊本】 留学で夢もお金も失う日本人 ~大金を投じて留学に失敗しないために~

アメリカ大学編入への道米国の大学の学費は年間約580万円!? 折角米国の一流大学に入れるようになったのにお金の問題であきらめる人が増えています。そんな罠にハマらない賢い対処法とは?

もっと見る


アメリカ名門大学への道

超有名校のハーバード、イェールから、日本人が知らない隠れた名門まで厳選50大学掲載。名門に入るための道筋がこれ一冊に。世界に通じるリーダーを目指すための必携の書!

もっと見る